浦和キリスト教会

ブログ

【変更】マラナタ19希望のトビラ講演会の日程、お知らせ

10/11/2019

【変更】台風19号のため延期しましたマラナタ19希望のトビラ講演会の日程を下記のように行います。

当教会セブンスデー・アドベンチスト浦和キリスト教会にて、2019年10月12日(土)~10月26日(土)まで全7回「希望のトビラ」講演会が行われます。

このページは随時、上書きで更新して行く予定です。最新更新日:2019年10月18日

当ホームページのオーディオギャラリー から音声を聞くことができます。(各回終了後随時更新)

また、YouTubeのチャンネル「SDA浦和キリスト教会」でも公開予定です。→YouTube「SDA浦和キリスト教会」チャンネル

【テーマ】
なぜ人生には苦しみがあるのか? 人は死んだらどうなるのか? 歴史にはどいう意味があるのか? そして、この世界はどこに向かうのか・・・これらの答えは永遠のベストセラー「聖書」にあります。聖書のメッセージに耳を傾ける時、「希望のトビラ」が今、あなたの前に開かれています。

【日程】
(1)10月19日(土)   11:00~12:30 「驚くべき聖書の預言」
預言されていた世界帝国興亡の歴史、そしてこれから世界はどうなるのか?

(2)10月19日(土) 14:00~15:30 「預言されていた終末のしるしとその意味」
現代の社会情勢と自然現象はすでに預言されていた、それは週末のしるしである。
ではこの後、何が起こるのか?

(3)10月20日(日) 10:30~12:00 「なぜ苦しみがあるのか」
聖書は目に見えない世界の現実を明らかにしてくている。
そこから因果応報だけでは片付けられない苦難の原因と新しい苦難の意味が見えてくる。

(4)10月19日(土) 11:00~12:30 「預言されていた救い主」【未定】講演会期間終了後、礼拝内で行う予定です
聖書の主人公はイエス・キリストである。
預言されていた救い主キリストの降臨と生涯の十字架の死と復活の事実は、
私たちとどういうかかわりがあるのか、なぜ十字架は世界中の人を引きつけるのか。

(5)10月19日(土) 14:00~15:30 「人は死んだらどうなるのか」【未定】講演会期間終了後、礼拝内で行う予定です
これを正しく知るなら、私たちの人生は変わる。
十字架で死んだが、蘇られたキリストの言葉こそ耳を傾けるに値する。これから希望のトビラが開けてくる。

(6)10月20日(日) 10:30~12:00 「祝福に満ちた大いなる希望」【未定】講演会期間終了後、礼拝内で行う予定です
聖書の中で、最も多く繰り返し預言されていること、それはキリストの再臨である。
歴史を通じて、世界中の人の希望となってきた、この驚くべき心理を明らかにする。

(7)10月26日(土) 11:00~12:30 「新しい人生への出発」
「すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとに来なさい。あなたがたを休ませてあげよう」とキリストは招いておられる。
キリストはすべての人に、愛と平安と希望に満ちた新しい人生を生きるように招いておられる。

【場所】
セブンスデー・アドベンチスト浦和キリスト教会
〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵3-34-19
TEL. 048-861-5460
詳しくはアクセス をご確認ください。

【講師】
セブンスデー・アドベンチスト浦和キリスト教会牧師
明智 信作(めいち しんさく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です